ホーム » 株式投資の基礎 »

労力と時間はどれほどかかるか

労力と時間はどれほどかかるか

スポンサード リンク

Pocket

株式投資にも労力と時間がかかります。どれくらいかかるかは、投資の仕方によって異なります。

例えば、数年前にブームになった、短期の売買を繰り返す「デイトレーダー」は一日数時間から長ければ市場の開いている間ずっとパソコンの前にいるようです。

私も株式投資を始めたのはデイトレードからでした。しかし、デイトレードはとても疲れます。とくに目の疲れや肩こりがかなりきつかったです。

少なくともデイトレードは働きながら株もやってみたいという人には時間的に不可能でしょう。

ただ、工夫次第ではデイトレードでもパソコンモニターをずっと凝視していない方法もありますし、例えば夜間に取引できるPTS(私設取引システム)なら会社から帰ってきた後にトレードできます。

スポンサード リンク


○ゆっくりした売買

そこで、私のおすすめするのは、もっとゆったりとした投資法です。例えば当サイトでご紹介している「ドルコスト平均法」や、それを私が改造した「ダブル平均法」なら、基本的に月1回の取引になります。これなら仕事をしながらでも十分できます。

もっと頻繁に取引する投資法ももちろんあります。例えば数日から一週間くらいまでの間に、建玉(買ったり売ったりしている株。ポジション)を決済してしまうスイングトレードなどです。

こうした投資法をする場合にかかる手間は、毎日1度、株価をチェックして注文する必要があれば注文するという程度のものです。

ただし、株式投資はけっこう精神的に負担になることはあります。やはり買った株が下がって損切りになったり、負けが続くとプレッシャーになります。

もっとも、どんな投資法でも一度も負けないということはありえませんので、損切りでがっかりすることも慣れるに従ってなくなってきます。

注意すべきなのは、夜眠れなくなるような場合です。夜眠れなくなってしまうようなら、レバレッジを高くしすぎているとか、損切りできずに手持ちの株が大きく損をしているというように無理をしている証拠です。

そんなときは投資法を考え直す必要がありそうです。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)