ホーム » 初心者向け講座 »

直接金融と間接金融

直接金融と間接金融

スポンサード リンク

Pocket

企業が事業資金を調達するには、直接金融と間接金融という2つの方法があります。

直接金融とは、企業が株式を発行して金融機関を介在させずに、市場から直接お金を調達することです。

間接金融とは、銀行などの金融機関からお金を貸してもらうことです。

それぞれの長所・短所を考えてみましょう。まず、間接金融は株式発行と違って、手間がかかりません。株を発行するには、株券や株主名簿を管理したり、株主が増えれば株主総会の通知をしたり、登記をしたりといろいろ面倒なことがあります。

その点、銀行からお金を借りるのは手間が不要です。

しかし、間接金融にはデメリットもあります。それは、「利息を払わなければいけない」ということです。

信頼性の高い企業なら、比較的低金利でお金を借りられるでしょうが、それでも年数%ほどは利子が必要になるでしょう。


金利負担が不要というメリット

その点、株の発行によって資金を集める直接金融なら、株主に利子を払う必要がありません。これが直接金融の最大のメリットです。

どんな企業でも景気の良い時と悪い時があります。不況で業績が思わしくないときの金利負担はけっこうこたえるものです。

一方、株の発行なら金利負担がありませんから、不況にも強いのです。

そして、利益が出たときに配当金としてそれを株主に還元すればよいのです。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)