ホーム » 初心者向け講座 »

ミニ株とは、あまりおすすめしない理由

ミニ株とは、あまりおすすめしない理由

スポンサード リンク

Pocket

株式ミニ投資、通称ミニ株というものがあります。ミニ株とは、銘柄ごとに決められた売買単位(単元株)より小さな単位で株を売買できるものです。

例えばトヨタ自動車は100株単位で、それだけ買うには数十万円のお金が必要です。そこで、ミニ株を使えば、その1/10の単位(トヨタの場合10株)で株を売買できるのです。

これなら数万円で株を買えるので、本来なら自分の元手では買えない銘柄も買うことができるというわけです。

ただ、普通の単元株を買うのとは違う点もあるので、それをこれからご説明します。

○銘柄
主力銘柄はほとんど含まれる。

○配当金
払われる。

○手数料
通常の取引よりも割高。

○取引
注文した翌日の寄り付き値(朝の最初に付いた価格)での売買になる。


○株主総会の議決権
なし。

なお、ミニ株は証券会社によって名称などが異なります。ここで、ミニ株の一覧を載せます。


証券会社 商品名 売買単位 手数料 取り扱い銘柄数
マネックス証券 株式ミニ投資 単元株の1/10 1取引500円 約600
リテラ・クレア証券 株式ミニ投資 単元株の1/10 取引代金×0.735%
最低手数料945円
上限10500円
約2400
カブドットコム証券 プチ株 1株 取引代金×0.945%
最低手数料
105円
約3200(売却のみ可の銘柄を含む)
SBI証券 S株 1株 取引代金×0.525%
最低手数料
52円
約3200(売却のみ可の銘柄を含む)

私もミニ株には昔興味がありました。やはり資金が少ないとこの銘柄がよさそうだと思っても、買えないということが多かったからです。その点でミニ株は魅力的だと思います。

銘柄は主なものは扱われていることが多いので、東証1部の銘柄を売買したいなら不自由は感じないでしょう。

また、注文翌日の寄付き値でしか売買できないという点は、日中に株価を見ながら注文したい人には不向きでしょうが、私のように寄り付き値でいつも注文している人には全く問題ありません。

スポンサード リンク


デメリット

前述のように、私もミニ株に興味がありましたし、デメリットも気になるほどのことではないと思います。

ただ、私が一つ気になるのは、手数料の高さです。やはり通常の取引に比べると割高なのは否めません。

手数料というのは長く株式投資をやっていると、意外とかさんでくるものです。安いのに越したことはありません。

元手の少ない場合でも、単元株あたりの株価が数万円と安く、なおかつ財務などの安定した銘柄は意外に多いものです。

そこで、「この銘柄がぜひとも欲しい。でもお金が足りない」、という場合でなければ、あえてミニ株を使わなくても、数万円で買えて優良な銘柄を探してそれを売買してみることをおすすめ(お勧め)します。

銘柄選びについては当サイトのドルコスト平均法の銘柄選びなどををご覧になったうえで、証券会社などのスクリーニングという銘柄を条件をつけて検索する機能を使うとよいです。

(参考資料:読売新聞09/5/4)

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)