ホーム » 初心者向け講座 »

特定口座とは、メリットと選び方

特定口座とは、メリットと選び方

スポンサード リンク

Pocket

(参考文献1の要旨)2003年から新たに特定口座と呼ばれる制度が登場しました。特定口座とは、証券会社が税金を源泉徴収してくれることにより、投資家が確定申告をしなくてもすむ口座。
株の売却益への課税方法が申告分離課税に一本化されたのを受けて、投資家の確定申告の負担を減らすために設けられました。
特定口座には、「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」の2タイプがあります。
投資家は、その年の最初の売却までに源泉徴収あり、なしの選択をします。いったん選択すると年が変わるまでは変更ができないので注意しましょう。

いわば、特定口座とは税金の申告が不要だったり、簡単になる口座のことです。株式投資で一定の利益が出れば、雑所得などとして所得税を収めないといけません。

ただ、税金を収めるための確定申告は面倒な作業です。自営業の人などは確定申告をしますが、サラリーマンの人はしたことのない人が多いはずです。

そこで、投資家の税金に関する負担を減らしてあげるために作られたのが特定口座です。

なお、所得というのはなかなか税務署としても把握するのが難しいものですが、源泉徴収ありなら証券会社が天引きしますから、税務署としても取りっぱぐれがないというメリットもあるのでしょう。

スポンサード リンク


メリットとデメリット

どの口座を選ぶかは、メリットとデメリットをよく見極めて選びましょう。まず、年間の株式売却益が20万円以下なら、特定口座の源泉徴収なしを選びましょう。

なぜなら、20万円以下なら申告の必要がない(=株について税金を払う必要がない)からです。特定口座を選ぶと、証券会社が「年間取引報告書」を作成してくれるので、もし株で大儲けして20万を超えた場合でも、年間取引報告書を添付すれば簡単に確定申告できます。

この年間取引報告書は税務署にも当然渡されるはずです。

次に、売却益が20万円を超えるなら、特定口座の源泉徴収ありを選びましょう。これは、株を売買して売却益が出るごとに、証券会社が税金の分を天引きします。

すると、天引きされるかわりに株式投資家が確定申告する必要がないので楽ちんなのです。

なお、申告分離課税とは、株の売却益について、他の所得と分離して確定申告する制度のことです。普通、所得税はその人の所得を総合して、それに応じて税率が変わります。

しかし、株については他の所得がいくらであろうと、株の売却益について、一定の税率が適用されるのです。平たく言えば、株で大儲けしても税率が上がらないのです。


一般口座

残る一つが一般口座です。これは特定口座ができる前からある、普通の証券口座です。投資家が自ら1年の損益を計算して、自分で確定申告する必要があります。

以前はみなし取得価格の特例という制度があり、これを利用するために一般口座を選ぶ人もいたそうですが、この特例は今はありません。そのため、今は特定口座を選ぶのがよいでしょう。

なお、くれぐれも脱税はしないようにしましょう。下手をすれば懲役刑も待っています。FXで巨額の利益を得た投資家が確定申告をしなかったという話がありましたが、脱税は割に合わないと思います。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)