ホーム » 初心者向け講座 »

株はいつ取引できるのか 立会時間や寄り付きなど

株はいつ取引できるのか 立会時間や寄り付きなど

スポンサード リンク

Pocket

(参考文献1の要旨)証券取引所で取引が行われている時間のことを立会時間といいます。立会時間は午前と午後にわかれており、午前は前場(ぜんば)と呼ばれ、午前9時から11時30分まで、午後は後場(ごば)と呼ばれ午後12時30分から午後3時までです。
毎年1月4日(休日の場合は翌営業日)の取引開始日は大発会(だいはっかい、だいほっかい)、12月30日(休日の場合は直前の営業日)の取引終了日を大納会(だいのうかい)といいます。
毎日9時と12時半の立会い開始時は寄り付きと呼ばれています。また、前場の終了時を前引け(まえひけ)、後場の終了時を大引け(おおひけ)と呼びます。
寄り付きから大引けまでの間を、ザラバと呼びます。寄り付きでついた値は寄り付き値、立会時間の最後に成立した株価は引け値と呼ばれます。
また、後場の寄り付きで成立した株価は「後場寄り」とも呼ばれています。
終値(おわりね)は大引けでの値段のことです。

株式投資では、証券会社に注文を出して、それが証券取引所で実行されることになります。その注文はいつ出せるのかというお話です。

まず、証券取引所は年中無休ではありません。土日と祝日は休みですし、年末年始も休みがあります。その最後が大納会で、最初が大発会です。

以前は大発会と大納会では前場のみの取引になっていましたが、最近は終日の取引になっています。

スポンサード リンク


立会時間

次に立会時間です。証券取引所は24時間営業ではなく、営業時間が決まっています。これも以前は前場は午前11時まででしたが、現在は11時半まで延長されています。

ちなみに海外市場では昼休みのないところも多いようです。まあ、昼休みがなくなると証券マンが昼食をとれなくなってしまうかもしれませんが、昼休みの撤廃が議論されたときに、とりあえず30分延長になったのです。

寄り付きについては、私は前場の開始だけのことかと思っていました。東証の解釈もそのようです。前場の開始が寄り付き、後場の開始が後場寄りと覚えておけばよいです。

寄り付きでついた値段が始値(はじめね)で、後場の終わりについた値段が終値です。この2つはとても重要です。

デイトレーダーは、寄り付き直後に大きく動いている銘柄に注目して売買したりするようです。

株式市場はザラバ取引なので、立会時間中であればいつでもそのときの価格で取引できます。

なお、最近は私設取引(PTS)も普及してきました。これを使うと、東証などを介さずに、証券会社が仲介して他の株式投資家とトレードできます。そのため、証券取引所の閉まっている夜間でも取引できます。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)