ホーム » 初心者向け講座 »

株券の電子化とほふり

株券の電子化とほふり

スポンサード リンク

Pocket

株式というものは物ではありませんから、実体がありません。そこで、従来は株券という有価証券が発行されていました。

そして、従来は株式の保管方法として、自分が持っておく、ほふり(証券保管振替機構)にあずかってもらう、証券会社に保護預りしてもらうという3通りのやり方がありました。

しかし、平成21年1月5日から、株券の電子化が行われています。これにより、上場企業の株券は廃止され、電子データのみが株式として扱われることになったのです。

これにより、株主にとっては株券の盗難や紛失などのおそれがなくなりました。企業にとっても株券を印刷して郵送したりする手間やコストが減らせます。

というわけで、現在は証券取引所で売買した株式はほふりが預かることがほとんどだと思います。

なお、ほふりに預けていない株券が手元にあるという場合、特別口座が発行会社に開設されて、権利は保全されています。その株式を売却などしたい場合には、証券会社に株券を振替手続きする必要があります。

ちなみに、電子化されたのは上場企業の話であり、非上場企業であれば、株券を発行しているところもまだまだあります。

スポンサード リンク


証券会社が破綻したら

ほふりは1984年に設立された公益財団法人が前身で、現在は株式会社として運営されています。ほふりに株式を預けるとなると、例えば証券会社が破綻してしまったらどうなるか気になります。

この点、ほふりに預託された株式は、すべてほふり名義となり、株主は実質株主として登録されます。そのため、証券会社が破綻しても、保全されるので心配ありません。

証券会社に預けたお金も、すべて分別保管が義務付けられ、信託銀行に預けられます。そのため、証券会社が破綻しても、全額が保全されることになっています。

もし何らかの事情で預かり金が保全されなくても、投資者保護基金によって一人最高1000万円が保証されます。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)