ホーム » 初心者向け講座 »

株式分割とは、そのメリット

株式分割とは、そのメリット

スポンサード リンク

Pocket

株式分割とは、発行済み株式を細分化して株数を増やすことです。例えばある企業が1株単位の株式を発行していて、その株価が1万円だとします。

これを、1:2の株式分割をすれば、1株持っていた人は株式分割によって自動的に2株の株式を保有することになります。

もちろん、1株あたりの価値は半分になるので、意味が無いようにも思います。ただ、株式分割をすると、株価が高くなることが多いのです。

上記の例ですと、理論上は1株の株価は5000円になるはずですが、それより高くなることが多いわけです。

すると、株主にとっては、自動的に株価が上がってうれしいというわけです。

それでは、なぜ株価が上がることが多いのでしょうか。それは、株の流動性が高まるからだといわれています。

例えば上記の株の場合、1株買うのに約半分の資金があれば買えるようになったわけです。そうすれば、買いやすくなったので買おうという投資家が増えて、株価が上がるというわけです。

スポンサード リンク


うれしいこと

ただ、株式を発行する企業としてみれば、株式分割をするということは、株主が増えるので管理コストがかかるなどのデメリットもあります。それでも、多くの投資家に株を手軽に買ってもらえるようになったり、株価が上がるというメリットがあるので、株式分割を行うわけです。

そういえば、ライブドアの堀江貴文元社長が、株式分割を行なって1株500円くらいくらいで買えるようになったことがありましたね。あれはいくらなんでもやり過ぎな気もしますが。

私も、銘柄を選んでいるときに「この銘柄は1単位買うのに80万円も必要なのか、じゃあ買えない」と思うことがあります。その意味でも、株式分割が行われるのはうれしいことです。

日本の企業はアメリカなどに比べて株主軽視と言われていましたが、最近では株式分割や、配当性向を高めて配当を増やすなどしてくれる企業が増えてきました。

株主にとってはとても歓迎します。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)