ホーム » 初心者向け講座 »

株式とは何か、株主の責任は

株式とは何か、株主の責任は

スポンサード リンク

Pocket

株式投資といえば、株を売買して差額を儲けたり(キャピタルゲイン、譲渡益、売買差益)、配当をもらうことで利益を出すことです。

それではそもそも株式とは何でしょう。

会社を設立したり、事業をするとき、その元手である資金が必要になります。

そのときに、十分な出資をしてくれる人がいればよいのですが、そうでない場合、出資者を募ることになります。

また、大きな会社が新事業に乗り出すのに多額の資金がいる場合などには、少数の出資者から資金を集めるのは難しいです。

そこで、出資者にお金を出してもらった代わりに、株券を発行します。昔は株券は紙だったのですが、今では上場企業は電子化されています。

そして、この出資者は株主と呼ばれます。

スポンサード リンク


株主

株主になると、株主総会に出席して重要な決議に投票する権利(株主議決権)や、会社の帳簿を閲覧する権利などが与えられます。

また、会社に利益が出れば配当金をもらうことができます(必ず配当が出るとは限りませんが)。

その代わり、株主は責任も負います。どういう責任かといいますと、出資した金額が減ったりゼロになるという責任です。

これを株主責任といいます。

つまり、出資した会社のビジネスが儲かればよいのですが、不況などで業績が不振になることもあります。

そして、赤字がどんどん増えてしまうと、債務超過になって倒産などになってしまうのです。

そうなると、最悪の場合には株式の価値がゼロになってしまうのです。いわゆる「株券が紙切れになる」とはこのことです。

そのため、会社に出資するということは、リスクもあるのです。


有限責任

ただ、株主の責任は、最悪でも株の価値が0になるだけです。これを有限責任といいます。

「株がパーになるだけでもひどいことじゃないか」と思われるかもしれませんが、もっと重い責任も世の中にはあるのです。

これが無限責任です。例えば個人事業主や合名会社の社員(出資者)、株式会社でも経営者が会社の借金などを個人保証していれば、会社が背負った債務を無制限に負わなければいけません。

これは恐ろしいですね。

例えば、株主が無限責任だったとします。すると、その会社に出資した人も、会社が巨額の債務を背負って倒産した時に、自分の財産を出さなければいけないことになります。

これでは恐ろしくて、誰も株など買わないでしょう。

ということで、実は「株券がパーになるだけで済む」というのはありがたいことなのです。といっても実感が湧きませんが…。


世界最初の株式会社は

ところで世界最初の株式会社は、1602年に設立された東インド会社だという説が有力です。

日本でも例えば坂本龍馬が、亀山社中という会社をつくりました。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)