ホームへ

金融

悪い金利上昇が起きると銀行にどれだけ損失が出るか

Pocket

(日本経済新聞11/11/18から引用)預金が本業の貸出金に回った割合をみる「預貸率」は9月末で大手行合計で70%足らず。
(さらに…)
Pocket

日本で「貯蓄から投資へ」が進まないこれだけの理由

Pocket

(日本経済新聞10/10/21から引用)(10月4日は投資の日で)今年も全国各地で様々なイベントが開催されている。
(さらに…)
Pocket

外為特会の積立金を取り崩して良いのか

Pocket

(読売新聞10/10/17から引用)特別会計の事業仕分けが月末に行われます。焦点の一つは、為替介入のための外国為替資金特別会計(外為特会)でしょう。
(さらに…)
Pocket

為替デリバティブを使ったヘッジの方法と中小企業への特例融資

Pocket

(日本経済新聞11/1/19から引用)

三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンクは、為替デリバティブ(金融派生商品)で多額の損失を抱えた中小企業の資金繰り融資に乗り出す。
(さらに…)
Pocket

地方銀行の金利リスクが最大に

Pocket

(日本経済新聞10/10/9から引用)

金利上昇時に地方銀行が損失を抱えるリスクが膨らんでいる。金利が1%上昇した場合に保有国債などから発生する推定損失額は、2009年度末に約4兆1200億円と過去最大になった。
(さらに…)
Pocket

日銀の包括緩和策と量的緩和などの解説

Pocket

(日本経済新聞10/10/6から引用)

(今回の日本銀行の包括緩和策の)第二の手段はゼロ金利政策を長期間にわたって続けると約束する「時間軸政策」の明確化だ。
(さらに…)
Pocket

日銀の包括緩和 時間軸の解説

Pocket

(読売新聞10/10/8の「時間軸で長期金利下げ」から引用)

「時間軸」とは、聴き慣れない言葉だ:日本銀行はふだん、銀行同士が資金を貸し借りする際の短期金利を上げたり下げたりする金融調節を行っている。
(さらに…)
Pocket

日銀の包括緩和の解説

Pocket

(読売新聞10/10/9から引用)

日銀包括緩和で日銀が買う資産は:国が借金するために発行する国債のほか、企業が資金を集めるためのコマーシャルペーパー(CP)、社債などだ。
(さらに…)
Pocket

政府・日銀の円売り介入に対する識者の意見

Pocket

(読売新聞10/9/16から引用)
みずほコーポレート銀行の唐鎌大輔マーケット・エコノミスト:政府・日銀が1ドル=82円台に入った時点で市場介入に踏み切ったのは効果的だった。

(さらに…)
Pocket

ゼロ金利政策とは

Pocket

(読売新聞10/10/7から引用)

ゼロ金利について どういった金利をゼロにするのか:金融機関は、毎日の取引で余ったり足りなくなったりする資金を市場で融通し合っているが、その場で日銀が資金を出し入れして、金利を事実上ゼロにしようというものだ。
(さらに…)
Pocket

ページ1 / 212

スポンサード リンク