ホームへ

経済解説

地方銀行の金利リスクが最大に

Pocket

(日本経済新聞10/10/9から引用)

金利上昇時に地方銀行が損失を抱えるリスクが膨らんでいる。金利が1%上昇した場合に保有国債などから発生する推定損失額は、2009年度末に約4兆1200億円と過去最大になった。
(さらに…)
Pocket

日銀の包括緩和策と量的緩和などの解説

Pocket

(日本経済新聞10/10/6から引用)

(今回の日本銀行の包括緩和策の)第二の手段はゼロ金利政策を長期間にわたって続けると約束する「時間軸政策」の明確化だ。
(さらに…)
Pocket

日銀の包括緩和 時間軸の解説

Pocket

(読売新聞10/10/8の「時間軸で長期金利下げ」から引用)

「時間軸」とは、聴き慣れない言葉だ:日本銀行はふだん、銀行同士が資金を貸し借りする際の短期金利を上げたり下げたりする金融調節を行っている。
(さらに…)
Pocket

通貨安競争とは

Pocket

(読売新聞10/10/23から引用)

韓国・慶州で開かれている主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で焦点となっている「通貨安競争」の現状と問題点をまとめた。
(さらに…)
Pocket

日銀の包括緩和の解説

Pocket

(読売新聞10/10/9から引用)

日銀包括緩和で日銀が買う資産は:国が借金するために発行する国債のほか、企業が資金を集めるためのコマーシャルペーパー(CP)、社債などだ。
(さらに…)
Pocket

日本だけがデフレである理由

Pocket

(日本経済新聞10/10/13から引用)

先進国の中でなぜ日本だけがデフレか。為替相場の変動に苦闘してきた企業から見ると、こうである。

(さらに…)
Pocket

政府・日銀の円売り介入に対する識者の意見

Pocket

(読売新聞10/9/16から引用)
みずほコーポレート銀行の唐鎌大輔マーケット・エコノミスト:政府・日銀が1ドル=82円台に入った時点で市場介入に踏み切ったのは効果的だった。

(さらに…)
Pocket

ゼロ金利政策とは

Pocket

(読売新聞10/10/7から引用)

ゼロ金利について どういった金利をゼロにするのか:金融機関は、毎日の取引で余ったり足りなくなったりする資金を市場で融通し合っているが、その場で日銀が資金を出し入れして、金利を事実上ゼロにしようというものだ。
(さらに…)
Pocket

政府・日銀の円売り介入を解説

Pocket

(読売新聞10/9/16から引用)
政府・日本銀行が15日、円売り・ドル買いに踏み切ったことを受けて、円相場は85円台まで急落し、急激な円高の流れはいったん止まった。

(さらに…)
Pocket

日銀が実質ゼロ金利に

Pocket

(読売新聞10/10/6から引用)

日本銀行は5日の金融政策決定会合で、政策金利の誘導目標を現在の年0.1%前後から「0から0.1%程度」に引き下げて、実質的なゼロ金利政策を復活させることを全員一致で決め、即日実施した。
(さらに…)
Pocket

ページ3 / 41234

スポンサード リンク