ホームへ

ファンダメンタルズ分析

キャッシュフローの純現金収支の活用法

Pocket

(日本経済新聞11/6/3から引用)足元の環境変化に対応しつつ、将来の成長投資を加速させる上で、企業にとって重要なのは現金を生み出す力だ。
(さらに…)
Pocket

包括利益とは、使い方

Pocket

(日本経済新聞11/5/25から引用)2011年3月期連結決算から、上場企業による「包括利益」の開示が始まった。これは純利益に保有資産などの価値の増減をプラスまたはマイナスした指標で、為替や為替変動の影響を色濃く移す。
(さらに…)
Pocket

PCFRとは

Pocket

PCFRとは、株価キャッシュフロー倍率ともいい、設備投資に積極的な企業を評価するための指標です。

(さらに…)
Pocket

回転率と回転期間

Pocket

株式投資のファンダメンタルズ分析では、各種の回転率や回転期間を指標として用いることがあります。

(さらに…)
Pocket

ROAとは

Pocket

ROAとは、総資産利益率ともいい、企業が総資産を使ってどれだけ利益を上げられたかを表す指標です。

(さらに…)
Pocket

高ROE銘柄への投資の有効性を考える

Pocket

日経新聞にROEを有効に活用する方法についての記事が掲載されていました。私はROEはまったく利用しないのですが、興味深い記事だったのでご紹介します。

(さらに…)
Pocket

ROEとは

Pocket

ROEとは、Return on Equityの略で、株主資本利益率ともいいます。当期純利益を自己資本(純資産)で割って100を掛ければ計算できます。

(さらに…)
Pocket

EPSとは、BPS

Pocket

EPSは、Earnings per shareの略で、一株当たり利益ともいわれます。

EPSは、当期純利益を発行済み株式総数で割ることで算出できます。

(さらに…)
Pocket

PERとは、その使い方

Pocket

PERとは、株価収益率ともいい、株式投資でよく使われる指標です。

PERは、株価を一株当たり利益(EPS)で割れば出すことができます。つまり、PERとは現在の利益が利益に対して何倍かをあらわした指標といえます。

(さらに…)
Pocket

PBRとは、メリットとデメリット

Pocket

私はPBR(株価純資産倍率)を重視しています。当サイトでご紹介しているダブル平均法でも応用法でPBR2以下の銘柄に限定するものがあります

(さらに…)
Pocket

ページ2 / 3123

スポンサード リンク