ホームへ

コラム

株価は理屈通りに動くとは限らない

Pocket

株式投資で利益を出すのはとても難しいものです。私もこれまで多くの失敗をしてきました。

(さらに…)
Pocket

ウォーレン・バフェットの投資法を学ぶ

Pocket

(日本経済新聞12/5/9の要旨)米国ネブラスカ州オマハに5日、世界から35000人の投資家が集まった。投資会社バークシャー・ハザウェイの株主総会で、著名投資家ウォーレン・バフェット氏(81)の生の声を聞くのが目当てだ。

(さらに…)
Pocket

分散投資の効果が薄れた理由2 すべて海外資産のポートフォリオ

Pocket

前回の続きです。鈴木英典氏の提唱されているポートフォリオを検討してみます。安全資産とリスク性資産に分けるという分散投資法です。

(さらに…)
Pocket

分散投資の効果が薄れた理由1 日本国債中心のポートフォリオの実例

Pocket

(日本経済新聞12/4/25の要旨)国内外の株式や債券などに資金を振り分ける分散投資は資産運用の基本とされる。ところが近年は国内外の資産が一斉に値上がりしたり値下がりしたりする局面が増え、分散効果がおもうように効かなくなってきた。

(さらに…)
Pocket

退職金を資産運用する方法2 デリバティブ、個人年金、信託商品など

Pocket


外貨預金

外貨預金という手段もあります。ドルやユーロ、ポンドという主要なものから、高金利の南アフリカランド、オーストラリアドル(豪ドル)などいろいろな外貨を買うことができます。業者によって取り扱いは異なりますが。

(さらに…)
Pocket

退職金を資産運用する方法1 定期預金、株、投資信託

Pocket

(日本経済新聞12/4/18の要旨)定年になればもらえる人が多いのが退職金。老後のためにこれをどう運用するか、じっくり考えたい。

(さらに…)
Pocket

エルピーダメモリとAIJ投資顧問から得られた教訓

Pocket

先日、半導体のエルピーダメモリが民事更生法の適用を申請するというショッキングなニュースが流れました。

(さらに…)
Pocket

ファイナンス理論専門家が語る分散投資

Pocket

(日本経済新聞11/10/4、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授の森平爽一郎氏の記事から引用)ファイナンス理論で最も重要とされているのが分散投資だ。
(さらに…)
Pocket

信用取引のメリットやコストなどの解説

Pocket

(日本経済新聞11/11/2から引用)信用取引は現在、個人投資家の売買代金の半分以上を占めるとされる。事故資金の範囲で株式などを売買する「現物取引」と比べて、様々な利点があるためだ。
(さらに…)
Pocket

ウォーレン・バフェットの師、グレアムの割安株投資法

Pocket

(日本経済新聞11/10/22から引用)米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が師と仰ぐベンジャミン・グレアムは証券投資理論の父といわれ、その割安株を発掘する投資基準には今も信奉者が多い。
(さらに…)
Pocket

ページ3 / 812345678

スポンサード リンク