ホームへ

投資法

ファイナンス理論専門家が語る分散投資

Pocket

(日本経済新聞11/10/4、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授の森平爽一郎氏の記事から引用)ファイナンス理論で最も重要とされているのが分散投資だ。
(さらに…)
Pocket

信用取引のメリットやコストなどの解説

Pocket

(日本経済新聞11/11/2から引用)信用取引は現在、個人投資家の売買代金の半分以上を占めるとされる。事故資金の範囲で株式などを売買する「現物取引」と比べて、様々な利点があるためだ。
(さらに…)
Pocket

ウォーレン・バフェットの師、グレアムの割安株投資法

Pocket

(日本経済新聞11/10/22から引用)米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が師と仰ぐベンジャミン・グレアムは証券投資理論の父といわれ、その割安株を発掘する投資基準には今も信奉者が多い。
(さらに…)
Pocket

高配当狙いの投資法と注意点

Pocket

(日本経済新聞11/10/26から引用)千葉県在住の男性(84)は10月に2年ぶりに株式を購入した。最近の株価下落で割安感が出たと判断。
(さらに…)
Pocket

銘柄分散、ミニ日経平均先物、信用売りを使ったリスクヘッジ

Pocket

(日本経済新聞10/11/8から引用)長期的な利益成長を見込んで株式を買ったのに、相場全体の地合いの悪さに引きずられて株価が下がってしまった。
(さらに…)
Pocket

キャッシュフローの純現金収支の活用法

Pocket

(日本経済新聞11/6/3から引用)足元の環境変化に対応しつつ、将来の成長投資を加速させる上で、企業にとって重要なのは現金を生み出す力だ。
(さらに…)
Pocket

円高によって上場企業に為替差損が発生

Pocket

(10/11/10日本経済新聞の要旨)円高で上場企業が営業外費用に計上する為替差損が膨らんでいる。為替差損を計上した企業は前年同期比41%増の536社となった。
(さらに…)
Pocket

デイトレードは儲かるか

Pocket

数年前に、デイトレードという売買手法がブームになりました。デイトレードとは昔は日計り商いと呼ばれたもので、その日に買った株をその日のうちに手仕舞いする(売ってしまう)という手法です。

(さらに…)
Pocket

為替ヘッジの方法

Pocket

為替ヘッジとは、為替相場の変動によるリスクを避けるための方法です。

(さらに…)
Pocket

保有株がTOB対象になったらどうなるか

Pocket

(10/12/6 記述)

(日本経済新聞10/10/25から引用)

上場企業の株式を大量に買い取る時に使われる制度、TOB(株式公開買い付け)。企業再編などを狙いに増加が見込まれ、最近でもパナソニックが三洋電機、パナソニック電工の両社を完全子会社化する狙いで活用した。
(さらに…)
Pocket

ページ3 / 512345

スポンサード リンク