ホーム » ファンダメンタルズ分析 »

損益計算書の見方

損益計算書の見方

スポンサード リンク

Pocket

損益計算書は、企業の1年間の収益と費用を一覧にしたものです。

損益計算書には、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益、当期未処分利益が記載されています。

いわば、事業によって今年はこれだけ利益が出ましたよ(あるいは赤字でしたよ)ということを書いたものです。

貸借対照表との違いは、貸借対照表が「このような資金を元にこのような財産を持っていますよ」という財政状況を表すのに対し、損益計算書は「これだけ儲かりましたよ」という損益の状況を表しています。


○5つの利益の意味

上記の5つの利益のそれぞれの意味を解説します。
営業利益:本業で得た利益です。売り上げから費用を引いたものです。

経常利益:営業利益に本業以外の収益(預金利息や不動産賃貸収入など)と費用を加減したものです。

税引前当期純利益:経常利益に特別損益(土地の売却益などの臨時の損益)を加減したものです。

当期純利益:税引前当期純利益から税金を引いたもの。

当期未処分利益:当期純利益に前期繰越利益などを加減したもので、株主への配当の源泉になるもの。

これに加えて、売上高をチェックする人もいます。売上高が増加傾向なら本業が好調だと見るのです。

スポンサード リンク


○損益計算書の利用法

さて、損益計算書はどのように利用すべきでしょうか。

まず、私の場合は上記の経常利益(経常益)だけを見ます。一般にも経常利益がもっとも重視されます。それは、経常利益が本業と本業以外の事業活動による損益をもっともよく表しているからです。

そして、経常利益のここ4、5年間ほどでの増減傾向を見ます。だいたい一定していれば業績が安定していますし、増加傾向なら好調、減少傾向なら不調です。

急激な減少傾向が続いていれば、その銘柄は要注意です。

なお、私はファンダメンタルズ(経済の基礎的要因)よりもテクニカル(チャート)を重視しますので、損益計算書はそんなに重視はしていません。

上記のような経常益の極端な減少がある場合にはその銘柄は避けますが、それ以外の場合には経常利益などの数字は気にしません。


応用的な読み方

損益計算書の応用的な使い方をご説明します。もっとも私は損益計算書をあまり重視していないので詳しくないため、、「一番やさしく株がわかる」を参考にご紹介します。

まず、営業利益が赤字の場合、本業が不振だということです。

営業利益が黒字なのに経常利益が赤字の場合、借入金(負債)の利息などに苦しんでいる可能性があります。

このように本業が黒字でも借金の利息の支払いなどによって経常利益は赤字になることがありますので、やはり経常利益は営業利益だけを見るよりも営業の実態をよく表しているといえます。

経常利益が赤字なのに税引前当期純利益が黒字なら、不動産の無理な売却などによって黒字に見せようとしているかもしれません。

このような応用法もありますが、私は経常利益の傾向を見るだけで多くの場合は十分だと思います。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)