ROEとは

スポンサード リンク

Pocket

ROEとは、Return on Equityの略で、株主資本利益率ともいいます。当期純利益を自己資本(純資産)で割って100を掛ければ計算できます。

ROEはいわば株主の出資したお金でどれだけ効率的に利益をだせているかを示した指標です。ROEが高ければ高いほど、効率的に自己資本を活用しているといえます。

ROEはよく使われる指標ですが、デメリットもあります。それは第一に、当期純利益を元に計算しているため、特別損益によって一時的に高くなる可能性があることです。

第二に、分母である自己資本の割合を減らすことで意図的、人為的に高く見せかけることができることです。具体的には他人資本、すなわち借入金などを増やせば(財務レバレッジ)、利益が変わらなくても高く見せかけることができるのです。

これはおかしなことです。私は自己資本が多い=自己資本比率が高い銘柄を評価しますが、ROEのみを重視すると自己資本が少ない企業の方が評価されかねないのです。

そのため、私はROEは使いません。ROEを使う場合でも、自己資本比率なども併せて利用すべきでしょう。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)