PCFRとは

スポンサード リンク

Pocket

PCFRとは、株価キャッシュフロー倍率ともいい、設備投資に積極的な企業を評価するための指標です。

計算方法は、株価を一株当たりキャッシュフローで割ります。しかし、キャッシュフローを厳密に計算するのは難しいので、便宜的に営業活動によるキャッシュフローを使うのがよいでしょう。しかし、営業活動によるキャッシュフローを使うのはあくまでも目安です。

PCFRは倍率が低いほど割安となります。利用するには、PERと同じく、同業他社と比較して使うのがよいでしょう。

なぜPCFRを使うのかといいますと、PERでは計算するときに1株当たり当期純利益を使います。このとき、当期純利益は減価償却費を除いたものになります。

しかし、これでは積極的に設備投資している企業は減価償却費が多くなり、結果として当期純利益が減ってしまうのです。そのため設備投資に積極的な企業がPERでは評価されなくなってしまいます。

ちなみに、減価償却費というのはそのときに実際に支払ったお金というのではなく、帳簿上の費用に過ぎません。そのため、減価償却費が計上されても、実際にはその分の現金が企業の手元に残っているのです。

そこで、設備投資をしている企業を評価するために、PCFRが使われるのです。


○私の場合

私の場合、そもそもPERを利用しないので、PCFRも使っていません。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)