ホーム » ファンダメンタルズ分析 »

企業の有利子負債

企業の有利子負債

スポンサード リンク

Pocket

私は企業でも国でも財務が健全であるほうがよいと考えています。日本国はどう考えても悪すぎですが…。

もちろん、企業が儲かる事業があれば、銀行から融資を受けるなり社債を発行するなりしてお金を集めて、どかんと投資して利益を大きくしたほうがよい、という考えもわかります。

ただ、一つ気がかりなのが日本の財政の悪さです。一言でいえば借金が多すぎます。今日の日経新聞の「大機小機」にもありましたが、もし野田佳彦総理が消費税率引き上げに失敗すれば、今後しばらく、増税を掲げる総理大臣はいなくなるおそれがあります。

そうなればどうなるか…私は財政破綻へまっしぐらだと思います。財政悪化が放置されれば、いよいよ金利が上昇するでしょう。日本国債は危ない、だから国債の金利を高くしろ、となるからです。

その結果、企業が借りている事業資金も金利が上がり、企業の利子負担が増える恐れがあります。社債も少なくとも新規に発行するものは金利を高くしないといけなくなります。

また、同じく日経に書いてあったと思いますが、国内の銀行の自己資本規制について、普通の債券などの価格低下による損失は、あと2年ほどは計算に入れない(損失が出ても大丈夫)とするそうです。

これっていいんでしょうか。こういう甘い基準では、財務基盤の弱い銀行が、国債を減らすか期間の短いものにするなどの対策をとる動機を奪ってしまうと思います。

どうも日本はまだ、ギリシャやスペインを対岸の火事だと思っているようで気がかりです。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)