ホーム » ファンダメンタルズ分析 »

有利子負債とDEレシオ(負債資本倍率)の解説

有利子負債とDEレシオ(負債資本倍率)の解説

スポンサード リンク

Pocket

(日本経済新聞10/8/23から引用)
有利子負債とは、企業が返済しなければならない負債のうち、金利を支払う必要があるものを指す。

借入金や社債、新株予約権付社債(転換社債=CB)などが該当する。返済までの期限が1年以内の流動負債と、それ以外の固定負債(長期負債)に分けられる。

買掛金は利子がかからないため有利子負債に含まない。

有利子負債は少ない方が支払い利息が少なくて済み、返済までの期限が長い方が資金繰りの面で財務の安定につながる。

財務の健全性を判断する目安の一つとして、有利子負債を自己資本で割って求めるDEレシオ(負債資本倍率)や、総資産に対する有利子負債の割合などが良く使われる。(引用終わり)

有利子負債はその企業の財務の健全性を判断するために重要な要素です。私も銘柄を選ぶ際、必ず見ます。

有利子負債に対して無利子負債というのもありますが、あまり登場しません。それはやはり、利子が付いているということは、それだけ企業にとって負担になるからでしょう。

企業は一般に銀行などから低い金利でお金を借りることができますが、それでも年に数パーセントの利子を払うというのは大きな負担です。そして、有利子負債の額が多ければ多いほど、利子負担も大きくなってしまいます。

スポンサード リンク


有利子負債の大きな銘柄は避ける

もちろん、一つの考えとして、企業は借金を積極的にして、それを資金として事業を拡大し、利益を多くしたほうがよいというものもあります。

それも一理あるのですが、これは株式投資などでいえば、レバレッジを高くするのと同じことです。すなわち、ハイリスク・ハイリターンの経営です。

そして、事業がうまくいけば有利子負債が多少多くても問題ありませんが、いざ不況になったとき、利子負担がとても大きなものになってしまいます。

そのため、私は有利子負債の額が大きな銘柄は避けるようにしています。

株式投資で一番怖いのは、その企業が倒産したり、業績悪化などによる上場廃止になってしまうことです。最近ではJALがそうでした。

そうなってしまうと、いわゆる「株券が紙切れになる」という最悪の事態になってしまいます。厳密には最近は上場企業の株券は電子化されているので、紙切れにはなりませんが。

それは絶対に避けなくてはなりません。そこで、ハイリスク・ハイリターンでもよいという方はともかく、安全性を重視した投資をするためには、有利子負債はチェックすべき数字なのです。


自己資本との違い

ところで、自己資本とか株式資本と呼ばれるものがあります。これは、会社の正味の財産です。自己資本は資本金と剰余金からなります。資本金とは株主が出資です。

この自己資本には、利子がつきません。その代わり、企業に利益が出たら、株主は配当金を受け取ることができます。

ここが有利子負債と自己資本との大きな違いです。すなわち、自己資本には利子がつかないため、経営が思わしくないときに利子を払う必要がありません。好況のときに配当すればよいのです。

ところが、有利子負債は不況であろうと利子を払わなければいけません。年数パーセントの負担としても、大きなものになってしまうのです。


DEレシオとは

さて、それではある銘柄の有利子負債が多いか少ないかはどうやって判断すべきでしょうか。

記事に紹介されているDEレシオは、その企業の自己資本に対して、有利子負債がどれだけあるかを示す指標です。つまり、自己資本というのは会社の借金を除いた正味の財産です。それと借金との比較をするわけです。

それでは、DEレシオの実例を見てみましょう。例えば、ある企業の自己資本が100億円で、有利子負債が10億円だとします。そうしますと、DEレシオは0.1倍ですから、かなり財務に余裕があります。

一方、有利子負債が70億円の場合。レシオは0.7倍で、仮に(そういうことはまずないですが)銀行などの債権者から借金を全額すぐに弁済してほしいといわれた場合でも、自己資本が30億残ります。ということは、そうなっても会社は大丈夫でしょうから、これも余裕があります。

次に、有利子負債が100億円の場合、DEレシオは1倍です。この場合、借金をいますぐ全額返済すると、自己資本がなくなってしまいます。もちろんこういうことはまずないですが、私なら1倍以上の銘柄は財務の安全性を考慮して、買わないと思います。


総資産との割合を重視する

もう一つが、総資産に対する有利子負債の割合です。

総資産とは、会社の全財産です。そして、そこから負債(借金)を引いたのが、純資産(自己資本と同じと考えてよい)です。

そして、その総資産のうち、どれだけの割合を有利子負債が占めているのかをみるわけです。

この方法では、有利子負債などの借金も含めた会社の財産全体(総資産)に対して、有利子負債がどれくらいかを見ることになります。

例えば、ある企業の総資産が100億円で、有利子負債が1億であれば、有利子負債の割合は1パーセントです。これはかなり低く、財務が安定していることを示しています。

これくらいの割合なら、利子負担も少ないので、まず問題はありません。

一方、有利子負債が50億円だとすると、割合は50パーセントです。会社の財産の半分が利子の付く借金ということですから、単純にいえば、会社にピンチが訪れたときに、純資産を全部返済に回せば、借金をなくせるということです。

とはいえ、そうなれば株主の出資金もすべて吹っ飛んでしまいます。

まあ、そんなことは倒産が現実味を帯びてきたときしか起こりませんが、これくらい有利子負債があると、私ならその銘柄には懸念を抱きます。

結論としては、DEレシオや総資産に対する有利子負債の割合をチェックして、それがなるべく低い銘柄を買えば、財務内容は安全だといえます。

それから、ファンダメンタルズを重視する投資家の場合は、有利子負債の額がここ数年(4,5年くらい)で増減しているかを重視することがあります。

例えば有利子負債が徐々にでも減っていれば、それはその企業が借金をなるべく減らして、財務内容を安定させようとしている証拠です。私ならそうした取り組みを評価します。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)