ホーム » ファンダメンタルズ分析 »

包括利益とは、使い方

包括利益とは、使い方

スポンサード リンク

Pocket

(日本経済新聞11/5/25から引用)2011年3月期連結決算から、上場企業による「包括利益」の開示が始まった。これは純利益に保有資産などの価値の増減をプラスまたはマイナスした指標で、為替や為替変動の影響を色濃く移す。
日本経済新聞社の集計によると、11年3月期の包括利益は前の期より41%減った。東日本大震災後の株安や1ドル=80円台の円高が響き、純利益(前の期比61%増)を大きく下回った。
(中略)包括利益を押し下げた最大の要因は、ユーロやドルなどに対して円高が進行したことだ。自動車や電機などのグローバル企業を中心に、海外子会社の純資産を円換算した際の計算上の価値が減った。
(中略)持ち合い株など、企業が保有する有価証券の含み益状況が悪化したことも、包括利益の減少につながった。
前期の包括利益のランキング首位はNTT。純利益が高水準だったうえ、内需系企業とあって為替変動の影響も軽微。有価証券の含み損益の変動も小さかった。
包括利益とは:企業の最終的なもうけである純利益に、保有する資産の時価変動などを加味した利益指標。米国会計基準や国際会計基準( IFRS)ではすでに導入されており、日本の会計基準をこれらと共通化させる狙いで、2011年3月期から開示が義務付けられた。
具体的には、純利益から1)長期保有している有価証券の含み損益 2)海外子会社の資産を円換算した価値の変動額 3)少数株主損益やその他の項目をプラスまたはマイナスした結果が包括利益になる。
IFRSや米国基準では年金の積立不足なども反映しており、日本でも今後、計上する可能性がある。

包括利益について、わかりやすく解説された記事でした。ちなみに国際会計基準(IFRS)については、日本企業には適さないという意見もあるそうです。

スポンサード リンク

この包括利益は、純利益よりもさらに時価に近い姿を表そうとしているようです。ファンダメンタルズを重視する投資家にとっては使いやすいかもしれません。

しかし一方で、引用記事にあるように、為替や株価で大きく変動するので、事業経営によってどれだけ利益を出せたのか、ということを知るには向いていないでしょう。

私としては、包括利益よりも経常利益や最終利益を重視していくつもりです。

さて、まず包括利益には為替変動が加味されます。ご存じの方も多いと思いますが、一般に輸出企業には円高が不利になり、輸入企業には円安が不利になります。

11年7月末現在、ドル/円は1ドル=77円台というかなりの円高になっています。


円高の理由

ちなみにこの円高の背景を解説しますと、第一にEU加盟国の財政問題があります。ヨーロッパ経済に危機感を抱いた投資マネーが、比較的安全と考えて日本円を買っているのです。

第二に、アメリカの国債がデフォルト(債務不履行)になるのではないか、と懸念されていることがあります。アメリカは財政悪化を防ぐために、国の借金に上限を設けています。

それ自体は良いことだと思うのですが、あと数日で借金が上限に達してしまうのです。すると、新たな借金ができないので、世界一安全と言われた米国債の一部がデフォルトになってしまうのではないかと心配されているのです。

オバマ大統領は、借金の上限を上げられるようにしようと提案していますが、共和党は反対しています。

そのため、このままでは米国債が困った事になってしまう、米ドルは安心できないということになり、ドルが売られているわけです。

アメリカ国債は日本国も保有していますし、各国の金融機関なども保有しています。これらが一部でもデフォルトになってしまえば、金融が混乱すると言われています。

私の考えとしては、今回に関しては共和党もオバマさんの提案を飲んで、混乱を回避してもらいたいと思います。

このように円高が進むと、海外子会社が保有している資産は円換算にすると価値が下がってしまいます。包括利益ではこうした為替変動も加味されるんですね。

ちなみに円高は貿易で稼いでいる日本経済には打撃です。以前よりは為替ヘッジも浸透しているとは言え、やはり影響は大きいです。

そこで財務相も為替介入をする可能性に言及しています。ただ、為替介入も日本単独の介入では効果は限定的ですし、なかなか伝家の宝刀を抜くタイミングも難しいのでしょう。


株価変動

次に、有価証券の損益も包括利益に算入されます。例えば日本企業は、以前より少なくなったと言われますが株式の持ち合いをすることがあります。

持ち合いをする目的は、望まない買収を防ぐ、事業を共同でする際の信頼の証とするなどがあるそうです。

こうして有価証券(ここでは株式)を保有していれば、株価が下がれば損失が出てしまいます。そうした損益も加味しましょうというわけです。

包括利益がその時の企業の実質的な利益を表しましょうというものであるのですから、これは当然のことです。


利用価値は

包括利益の利用価値はあるでしょうか。時価で評価しようという意図はわかりますが、私はそれほどファンダメンタルズ分析に重きを置いていないこともあり、これまで通り経常利益を重視すればそれで足りるかな、と思います。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)