ホーム » コラム » 投資法 »

正しい投資法の条件はただ一つ

正しい投資法の条件はただ一つ

スポンサード リンク

Pocket

不況になるとねずみ講(無限連鎖講)、マルチ商法、ネットワークビジネスの類や、「元本保証で年利50パーセント」「使っても減らないお金」のような投資話が盛んになるそうです。

このような話には騙されないようにしましょう。そもそも、この世の中にうまい話などないと私は考えています。

株式投資の世界でも、「絶対勝てる投資法」のような話もよくあります。しかし、100パーセント勝てる投資法は存在しません。唯一信頼できる投資法は、「負けることもあるが買ったときの利益がそれを上回る投資法」だと思います。

当サイトでご紹介しているダブル平均法も、損切りになるともちろん損失が出ます。しかし、ダブル平均法ではなるべく損切りにならないように工夫してあり、また損失が出ても額が少なくなるように工夫しています。

そのため、一定期間継続して投資を実践すれば、マイナスよりプラスが多くなるのです。

このような「マイナスよりもプラスを多くする」ことが正しい投資法のコツといいますか、肝だといえます。正しい投資法の唯一の条件です。この理屈さえ分かれば、みなさんも自分で投資法をつくることができます。

逆に、くれぐれも「必ず利益を出せる」というような投資話には騙されないようにお気をつけください。

投資は理解できる金融商品を、余裕資金で、リスクを高くしすぎずに、自分の判断で行うことが大切です。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)