ホーム » コラム » 投資法 »

株式投資での大型株や低位株などの解説

株式投資での大型株や低位株などの解説

スポンサード リンク

Pocket

株式投資の対象となる銘柄は数千種類もあります。その銘柄は時価総額や、価格などでいろいろ分類できるというお話です。

まず大型株、中型株、小型株について。これらは時価総額や流動性にもとづいて、東証が区分しています。発行済株式総数が多く、株価が高ければ時価総額が高くなります。

一般に株式数が多いほうが、その会社は資本が多く、大きな会社といえます。例えばトヨタ自動車です。

なお、以前は発行済株式総数によって大型株などを区分していましたが、最近は1000株単位という企業は減り、1株単位で株価が10万円の会社もあれば、100株単位で1000円の会社もあります。

そこで、株式数でなく時価総額などを使って区分することにしたのでしょう。

大型株の場合、市場で流通する株の数が多いです。これを流動性が高いといいます。その結果、株を買ったり売ったりする相手を見つけやすいというメリットがあります。

例えば手持ちの株を売って現金化したいというときに、相手が見つからなければなかなか売買が成立せず、現金化も遅れてしまいます。

また、売る相手が少なければ、いわばオークションに参加する人が少ないということなので、株価が突飛な動きをすることもあります。その点、大型株なら売買の相手が多いので、値段も急変することは少なく、株価変動幅(ボラティリティ)が比較的低いです。

スポンサード リンク


浮動株

なお、浮動株という言葉があります。浮動株とは、実際に流通している株式のことです。

例えば発行済株式総数が1億株の会社でも、そのすべてが流通しているということはまずありません。大株主が株を売らずに保有していたり、銀行や他社と持ち合っている株があるからです。

こうした流通しない株を固定株といいます。

株式投資についていえば、固定株は関係なく、関係あるのは浮動株です。


株価が大きく動く銘柄はよいのか

株価の動く幅については、やはり大型株はあまり大きく動かず、流通量の少ない小型株は大きく動くことがあります。

また、東証一部の銘柄は一般に大きく動かず、ジャスダックやマザーズのような新興銘柄は大きく動きます。これは、第一に新興株はマイナーなので取引参加者が少ないこと、第二に新興企業は業績が大きく変動しがちだからです。

一方、中型株や小型株は、株価が大きく動く傾向にあります。

私の場合、株式投資で売買する銘柄は原則東証一部上場のものですが、そうであれば大型株か小型株か、ということは気にしません。ただ、特に株式投資の初心者の場合、まずは大型株を買うことをおすすめします。

新日鉄とか日立製作所なども大型株ですね。大型株であれば取引もスムーズに成立しますし、株価が大きく動きにくいからです。

大きく動いたほうがどかんと儲かりそうな気もしますが、もし失敗した時の損失も大きくなってしまいます。つまりハイリスク・ハイリターンですね。

そうなると、もし失敗すると損失が大きくなってしまいます。そのため、特にビギナーの方は、まずは値動きの安定した大型株がよいと思うのです。

スポンサード リンク


TOPIX100

東証が定める大型株とは、時価総額と流動性が高い銘柄のうち、上位100位までに入っている銘柄です。

これらは、東証のホームページで公開されています。この中から銘柄を選べば良いです。私なら、この中で財務がよく、PBRがなるべく低いものを選びます。

具体的には、まずスクリーニングというものを使って、銘柄をふるいにかけます。スクリーニングは証券会社の口座を持っていれば、証券会社がサービスを提供していることが多いです。

また、「株 スクリーニング」で検索すれば、無料で使えるサイトもヒットします。これを使って例えばPBRが0.6とか0.5以下の銘柄を探せばよいでしょう(今は株価が低迷しているので)。

ただ、これだけですと大型株以外の銘柄も候補に入りますので、リストの中から有名な企業を探してTOPIX100のリストと照合するか、スクリーニングで時価総額などに一定の金額(例えば1000億円など)を入れてもよいでしょう。

こうして大型株で、PBRが低い銘柄をいくつか見つけたら、あとは財務をチェックします。私なら自己資本比率ができれば50%以上の銘柄にします。


値がさ株など

値がさ株、中位株、低位株という分類法もあります。これらは、株価や1売買単位当たりの価格で分類したものです。

特に定義はありません。以前はどの企業も1000株単位だったので株価が5000円くらいなら値嵩株、1000円前後なら中位株という分け方だったのですが、最近は上記のように各企業で売買単位が異なっているので、この分け方ではやりづらくなっています。

そこで、1売買単位あたりの価格で考えるのがよいでしょう。例えば値がさ株なら1単元の価格が100万円以上、低位株なら20万円以下という感じでしょうか。

ただ、この分け方は時代によっても変わりますので、あくまでも目安です。


低位株がおすすめ

値がさ株や低位株といった分類は、1単元買うのにいくら必要かというものです。そのため、有名企業や大企業の銘柄でも、低位株のものはあります。

例えば日産自動車です。低位株は少額の資金で買えるため、売買しやすいのでおすすめです。

値がさ株の有名なところでは、歌舞伎座や任天堂があります。これらは100万円を超える元手がないと売買できないので、なかなか売買しにくいのです。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)