ホーム » コラム » 読み物 »

「貯蓄から投資へ」は正しいか

「貯蓄から投資へ」は正しいか

スポンサード リンク

Pocket

近年、政府が「貯蓄から投資へ」というスローガンのもと、国民が株式投資などに取り組むように勧めてきました。

もちろん、私のような投資家にとっては投資にかかる税金、例えばキャピタルゲイン課税や配当課税の軽減措置はうれしいです。

また、国民が企業への投資を増やすことで経済を活性化させようという狙いもよくわかります。

ただ、国民の財産が「貯蓄から投資へ」とにかく流れればよいとはいえないと思います。

というのは、貯蓄にはリスクがほとんどありませんが、投資はハイリスク・ハイリターンという通り、大きなリスクがあるからです。

スポンサード リンク

まず、貯蓄は元本が保証されますから、ペイオフによって金融機関(銀行など)の破綻によって1000万円を超える預金が返ってこない(弁済されない)かもしれないというリスク以外はリスクがありません。

ちなみにペイオフ対策としては、銀行などの金融機関1つあたりの預金を1000万円までにすればよいです。

ただし、ペイオフ制度は多くの部分が国債によって担保されているます。そのため、日本の財政が破綻して国債が債務不履行やほぼそれと同じハイパーインフレになれば、ペイオフが機能しない事態もありうるそうです。

それに比べて投資、例えば株式投資はハイリスクです。もちろん財務の安定した銘柄を選ぶことなどによってリスクを減らすことはできますが、それでも常に値下がりによるリスクはあります。

そうしたリスクのある投資で少しでもプラスの利回りを出し続けるにはそれなりの勉強が必要です。投資をすれば誰もが儲かるということはありません。

というわけで、投資が盛んになるのはよいことだとは思いますが、投資にはリスクがあって大きな損をする危険性もあるのです。

そこで、投資はそういったことを十分に理解した人がすれば良いのであって、貯蓄が悪いような言い方には違和感を覚えるのです。

貯蓄は大きな利益は得られませんが(特に低金利では)、前述のようにリスクがとても低く、安心できるという大きな利点もあるのです。

やはり資産形成の基本は貯蓄であって、資産に余裕があってリスクをとる覚悟のある人だけが投資をすべきでしょう。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)