ホーム » PBRシンプル法 »

PBRシンプル法 継続は力なり

PBRシンプル法 継続は力なり

スポンサード リンク

Pocket

当サイトのオリジナル投資法であるこのPBRシンプル法でも、ダブル平均法でも同じですが、とにかく続けることが大事です。

というのは、投資をすれば必ず利益が出るときも、負けて損切りになるときもあります。

そして、シンプル法やダブル平均法は一定期間続けて、勝ったり負けたりを繰り返しているうちに、損失を利益が上回るようになって、トータルで利益を出せるようになるからです。

確率には揺らぎというものがあり、シンプル法をはじめてすぐのうちは損切りが続く、という場合もあります。逆に利益が続くこともあります。そして、どちらもシンプル法を続けていくうちに揺らぎが収まって、勝ちも負けも同じように出るようになっていきます。

スポンサード リンク


○初めのうちに大きく損失を出さない

重要なのは、シンプル法をはじめたてのうちに負けが続いて、損失が大きくなってしまうことを防ぐことです。

始めてすぐのときに負けが続けば、資金が大きく減って事実上シンプル法を続けられなくなってしまうからです。

そこで、シンプル法を始めてすぐのうちは、レバレッジを0.25倍のように低くして、さらに損失を少なくする応用法を導入しましょう。

これにより、損切りになっても損を減らすことができます。そうすればシンプル法を継続できます。

継続できればそのうちに損失を利益が上回るようになり、結果として理論上、数パーセントから20パーセント程度の利回りが出せるようになるはずです(レバレッジ1倍の場合)。

こうなれば、あとは続けるだけです。そしてシンプル法で増えた利益を元本に組み込めば、複利効果を利用してさらに利益が増えていきます。

このように、シンプル法は「継続は力なり」です。無理をせずに継続していきましょう。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)