ホーム » ニュース »

投資助言業者のトラフィックに停止命令

投資助言業者のトラフィックに停止命令

スポンサード リンク

Pocket

(日本経済新聞10/9/17から引用)
金融庁は16日、投資助言業者のトラフィック(東京・中央)に対して1ヶ月の業務の停止と改善命令を出した。

適格機関投資家からの出資がないままファンドの勧誘をし、無登録業者に運用を委託するなど複数の違法行為が見つかった。(引用終わり)

投資助言業者とは、投資家に対して助言をする者で、委託を受けて自ら売買をしたりはしません。

適格機関投資家というのは、金融商品取引法でいわゆるプロの投資家と認められた者で、証券会社や銀行などが含まれます。

前段の違反については私もよくわからないのが正直なところです。後段の無登録業者に運用を委託するのは違法なだけでなく、無責任と言われても仕方ありません。

投資助言業者を利用する際には、そこが信頼できるかどうかを見極める必要があります。
参考:証券取引等監視委員会

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)