ホーム » テクニカル分析 »

出来高、トレンドラインと上値抵抗線、下値支持線を使った株式投資法

出来高、トレンドラインと上値抵抗線、下値支持線を使った株式投資法

スポンサード リンク

Pocket

株式投資において出来高(売買高)はよく注目されます。出来高が多いということは、それだけ多く売買されているということですから、株価の動きと関連があるのではと言われるのです。

私もよくヤフーファイナンスなどでチャートを見ますが、上げ相場では出来高が大きくなり、天井近くでは膨れ上がる傾向があります。

逆に下げ相場では、出来高がほとんどなくなり、すごく寂しい(笑)感じになることが多いと思います。

これはなぜかといえば、株はその銘柄が注目されれば買う人が多くなるからです。その結果出来高も高くなり、それがさらに注目を集め、株価が上がるという仕組みです。

ただ、急激な下げ相場でも出来高が増えることもあります。例えば粉飾決算が発覚したり、債務超過になりそうだと報じられた場合などです。上場廃止や倒産になれば株価が暴落してしまうので、早く売りたいという注文が増えるからです。

いずれにせよ、出来高が多ければその銘柄が注目を浴びているのは間違いありません。

また、株価が上がらないのに、出来高だけが増えることがあります。この場合、潜在的にその株が買われているわけで、そのうち上昇する兆しとも言われています。

逆に株価が高値圏にあるのに出来高が減る場合も同じです。

出来高の活用法の一例として、単純な方法ですが出来高が非常に少なくなったら、買うというものがあります。

スポンサード リンク


トレンドライン

続いてトレンドラインや支持線、抵抗線についてです。これも出来高と並んでポピュラーなテクニカル分析法です。

まずトレンドラインですが、証券会社で提供される高性能な取引ツールではチャート上にこれを書けるものもあります。

描き方は、例えば上昇を始めた株価チャートの安値同士を線で結び、同じく高値同士を結びます。そしてこの2本の線の間のトンネルを株価が動いていくと想定します。

そして、もし下の線(安値を結んだ線)よりも株価が下にはみだせば、上昇トレンドが下降トレンドに転換したと判断します。

トレンドラインなど

図の上がトレンドラインです。

あるいは、押し目買いにも使われます。押し目というのは上昇途中で株価が少し下がったところです。ここで買っていくわけです。

その際、下の線に株価が近づいたところで押し目買いをして、株価が下の先を割れば損切りとします。あるいはそこでドテン売り(上昇トレンドから下げに映ったと見て、空売りをする)という手法もあります。

トレンドラインのデメリットとしては、どの高値(や安値)を結ぶかで、ラインの角度が変わってしまうところです。いまいち客観性に欠けるわけです。


上値抵抗線と下値支持線

これも上の図を御覧ください。下側に記載したのが上値抵抗線と下値支持線です。

この2つはトレンドフォロー(相場の流れについていく投資手法)で使われる線です。上値抵抗線はレジスタンスラインとも呼ばれ、主に株価が一定の範囲内で上下を繰り返している「保ち合い(もちあい」で使われます。

そして、上値抵抗線は何回もここでそれ以上に株価が上がっていないところですから、ここを突破すれば、その後も株価上昇が続くと判断します。

そのため、抵抗線を株価が突破したら買いを入れるわけです。

逆に、下値支持線は株価をここで下支えしているというわけで、サポートラインと呼ばれます。この支持線を株価が下に割ったら、空売りをして下げをとるわけです。

完全に順張りの株式投資のやり方です。

抵抗線と支持線は、トレンドラインよりも(水平に引くので)明確というメリットがありますが、その後の株価の値動きが小さければ、たいして利益にはならないというデメリットがあります。

そのため、値動きの大きい銘柄で使うと効果的でしょう。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)