ホーム » 投資・経済用語の解説 »

黒字倒産とは

黒字倒産とは

スポンサード リンク

Pocket

会社が利益を出していても、倒産してしまうことがあります。これを黒字倒産といいます。

例えば物が売れたとしても、それが掛売りによるものだった場合、収益には計上されますが、その時点でお金が入るわけではありません。

例えば手形ならお金になるのは数ヶ月先です。このように収益は増えているが現金が会社に少ない場合でも、こちらは債務は払わなければなりません。

そのうちに支払手形の不渡りを2回出してしまうと、銀行取引が停止になって事実上倒産してしまいます。

すなわち、売り上げが掛売りや手形取引によるものだった場合、現金はすぐには入ってきません。その一方で仕入れなどで現金払いが必要なら、お金がどんどん減ってしまいます。

そのために、収支は黒字でも現金がなくなってしまい、倒産してしまうのです。

ちなみに株式投資においては売上債権回転率を利用すると、その企業が債権をしっかり回収しているかをチェックすることができます。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)