ホーム » 日本の財政問題 »

アイルランドの債務残高のGDP比が悪化 日本は

アイルランドの債務残高のGDP比が悪化 日本は

スポンサード リンク

Pocket

(日本経済新聞10/10/23から引用)
欧州連合(EU)統計局は22日、EU加盟国の09年の財政赤字、債務残高の改定値を公表した。アイルランドの債務残高の国内総生産(GDP)比は65.5%。(中略)

財政赤字のGDP比は14.4%。

(中略)ギリシャの新聞は09年の同国の財政赤字のGDP比が13%台から15%に悪化する見通しと報じていた。

(アイルランドの)11年以降の財政赤字は大きく減るとみられるものの、債務残高のGDP比は当面上昇が続く。EUの安定・成長協定は同比率を60%以内に抑えるよう加盟国に求めている。(引用終わり)

EUは厳しいですね。債務残高のGDP比を60%以内に抑えるように求めているんですね。日本は…200%くらいですから、とても加盟できませんね。

これだけを考えても、日本の財政が極端に悪いということがよくわかります。

アイルランドもEUの基準を超えてしまったんですね。11月に同国政府の発表する中期財政計画が焦点となるそうです。

EUが加盟国に厳しいのは、やはり共通のユーロという通貨を使っているからでしょう。加盟国が1国でも財政破綻のようなことになってしまえば、ユーロの信頼性が一気に落ちてしまうからです。

ちなみに日本の財政赤字のGDP比は、10年度で9.3%の見込みだそうですから、ギリシャやアイルランドとそう変わりませんね。おまけに日本は債務残高が比較にならないほど多いですし…。

日本も早く財政再建をしないと、まずいのではないでしょうか。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)