ホーム » 日本の財政問題 »

無利子国債は買うべきか

無利子国債は買うべきか

スポンサード リンク

Pocket

最近、無利子国債というものがよく政府で議論されているようです。

国債というのはいわば国にお金を貸してあげることで、その代わりに利子が付きます。

一方、無利子国債とは、利子が付かない代わりに国債の相続税がかからなくなるという特典の付いた国債です。

日本の相続税は先進国の中でもかなり部類だそうですね。以前はもっと高かったのです。

そこで、この国債を買っておけば、その分は相続税がかからないのでお金持ちにとっては有利です。ぜひともお金持ちのこの無利子国債を買ってもらい、借金だらけの国にいわば投資してくださいということのようです。

相続税がかからない国債というのは、よく考えた奇策だなあとある意味感心しました。

しかし、相続税が非課税になるので、将来の税収がそれだけ減ります。国にとってもメリットがあるとは思えません。

また、国債は私は将来を危ぶんでいます。具体的に言えば、日本の借金が多くなりすぎて償還されなくなってしまうのではないか、あるいは長期金利が急騰して国債価格が急落してしまうのではないか、という懸念を持っています(満期まで保有して償還してもらえばいいですが、本当に償還してもらえるのかどうか?)。

スポンサード リンク


デメリットのほうが大きいように思える

こういったことを考えると、もし無利子国債が実際に発行されたとしても、買う人にとってメリットよりもデメリットの方がはるかに大きい気がします。

また、税収を補うために相続税をさらに上げろ、という意見もあるかもしれません。しかし、日本の相続税はかなり高いレベルだそうなので、これ以上上げるのは無理ではないでしょうか。

加えて、一生懸命働いて貯めたお金の多くを国に取られるというのもおかしな気がします。

それよりも、アメリカなどで採用されているそうですが、例えば特定の目的(例えば環境保護や児童福祉、障害者支援)だけに使われるという条件をつけて、政府や自治体、NPO法人などに財産を寄付できる制度をつくったらどうでしょう。

そしてその寄付をした人には、その部分については相続税を非課税にします。

そうすれば、相続税でとられた自分の財産が国の無駄な事業や公務員の不正な支出などに使われるのではなく、自分が使ってもらいたいと思う分野で活用されることになります。

これならお金持ちもすすんで寄付してくれるのではないでしょうか。

Pocket

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)